FC2ブログ

新井真一 「楽しくなければゴルフじゃ無い」 Q&A

2019-06-12

Tag :

新井

このページはゴルフに関する皆様方から頂いた様々な質問に、プロゴルファー(国内ハーフ最小スコア28、記録保持者)でありFLAGSゴルフゴルフスクール校長でもある新井真一プロの回答を紹介するページです


Q:ゴルフを止めて20年ほど経ちます、定年になり最近時間が出来たので健康の為と思いまたクラブを握ろうかと思います。 健康の為のゴルフ、まず何からやれば良いでしょうか?

A:ゴルフは長く楽しめるスポーツです。そして健康の為にも、とても良いスポーツだと思いますので是非、再度チャレンジして下さい。
まず、何からスタートすればよいかのご質問ですが20年前と今とでは何が変わっているかというと、一番は道具の進歩です。 軽く打っても飛ばせる道具なので無駄な力は必要ありません。

今では中古のクラブも販売しているので、クラブを1本でも構わないのでクラブ購入し振ってみて下さい。
そして、練習場に行きボールを打ってみて下さい。
振り心地やボールの当たって感触がとても軽く、体に無理させないでも飛ぶ感触を楽しんで頂ければと思います。


Q:飛距離Upには筋トレは必要でしょうか?

A:ボールを飛ばす為には勿論、筋力も必要です。ですが、無駄に力を入れてしまうと逆に飛ばなくなるのもゴルフの面白いところです。
シャフトのしなり、ヘッドの回転、クラブの重量などゴルフクラブの様々な要素が重なり合ってボールを飛ばす事が出来るので、筋トレだけでなくクラブの特徴を知りスイングする事が飛距離アップに繋がります。


Q:今の自分にクラブが合っているかどうか分からないのですが
  何か簡単に確かめる方法はありますか?

A: 自分のクラブ選びで大切なのは①重量②ヘッドの形状③ボールに当たった感触④振り心地となります。
  また振れる範囲では重めのクラブを選んで頂くことをお勧めします
  そして、何より大切なのは長いクラブから短いクラブまで、ある程度振り心地が同じであることです。
  クラブはゴルフではとても大切なパートナーです。
  ①~④までを確かめ、どんな性格か見極めると長く良いお付き合いが出来ると思います。

Q:学校のクラブ活動でゴルフ部に所属しながら偶にプロからレッスンを受けていますが、学校でコーチからアドバイスされることとプロから教わることが自分にとって正反対なので、困っています。
何かゴルフを嫌いにならないアドバイスをお願いします。

A:ゴルフはとても面白いスポーツで10人いれば10人が違う感覚でスイングをしています。
また、ゴルフのアドバイスはスイングだけでなく考え方や、イメージ作りなど、上達するための要素も様々です。
プロやコーチには自分が見えていない部分や分からないポイントを伝え、アドバイス頂くような関係を作る事をお勧めします。
聞くだけでなく質問をすることで、自分自身も沢山の事を学び、またコーチも貴方から多くの事を学ぶことになると思います。


Q::素振りは毎日もしくは週にどれ位練習すれば良いのでしょうか?

A:素振りはスイングのイメージをつけるのにとても大切な練習ですがしっかりと本番を想定した素振りでないと無駄な行為になる可能性もあります。
ボールがあるイメージをしっかりと持ち、素振りをすることで本番に活きる練習となるでしょう。
又、慣れてくればクラブを持たなくてもクラブを持っているイメージで素振りを行うことも出来るようになるので、しっかりとしたイメージを持ち素振りをする事をお勧めします。

Q:最近クラブを持つ度に重く感じたり、軽く感じたりする事があります
これってクラブが自分にマッチしていない事なんでしょうか?

A:ゴルフスイングは生き物です。その日の体調や自分の状態によってクラブの重さが違って感じることはよくあります。
逆にクラブを持った時の感触の違いで今日の自分の状態を知る事も出来るので、定期的にクラブを持ちスイングをして自分の体調など知りゴルフを行ってみて下さい。

Q:コースに出ると凄く緊張してしまいます。
  何か簡単にリラックスできる方法がありましたらアドバイスお願いします

A:  ゴルフは練習場とコースでは全く違う環境になるので、コースに慣れるまでの時間も必要です。回るペースや一緒にプレーする人との相性など、特にスタートホールでは他の組の方もいるので余計に緊張をする事と思います。そんな中、自分に出来ることは何かというと打つ前までにどれだけしっかりと準備が出来ているかと言う事になります。
ゴルフだけでなく全てにおいて段取りが8割です。練習場でボールを打つまでの流れを覚え、最後はクラブを振るだけの状態で構えが出来ているが、とても大切だと思います。
練習場でも1球づつ、打つまでの流れを覚える練習を行ってみて下さい。


Q:ミスショットが続くとその後全てガタガタになりナカナカ上手く自分を取り戻せず苦労しています。 ゴルフではなくメンタルの相談かも知れませんがプロはどの様にして精神的な崩れを防いでいるのですか?

A:ゴルフは自分一人でプレーをするのでメンタルなスポーツと言われています。ミスショットが続くと焦ったり、イライラしたりなど心が落ち着くまでに時間が掛かります。そんな時に大切なことは受け入れる事ではないでしょうか。上手く打とうとすればするほど、ボールを当てに行ったり、考え過ぎたりしてゲームに集中出来なくなって来ます。それは一般の方でもプロでも同じです。ミスを受け入れ今出来るベストな方法を見つける事が出来れば心も落ち着き冷静にプレーをする事に戻れると思います。また、戻れる基本を練習で身に付けておけば立ち直りも早く済むと思います。


Q:結婚して相手の家族から誘われゴルフを始めることになりました。
妻は子どもの頃からクラブを握っていたのですが、教えて貰うのはなんと無く恥ずかしく妻には内緒で所謂レッスン本を読み始めてはいるのですが、動きが正しいかどうか分かりません。 また初心者故おこす勘違い・間違いも有ると思います。この段階で何かアドバイスを頂けますか?

A:レッスン本を見て知識を付け練習をする事は何も参考にしないで行うよりは効率的で良いことだと思います。気をつけて置きたいことは余り形にこだわり過ぎない事です。部分的な事に拘らずゴルフスイングの全体像をイメージ出来るようにレッスン本を拝読することをお勧めします。またゴルフというゲームは最後はカップにボールを沈めることがゴールとなるので、パターでカップに入れる練習からスタートする事も良いかと思います。


Q:50代の男性です。 30代の時に飛距離を延ばせなくて悩んで止めてしまいました。
ゴルフは飛距離では無いかも知れませんが、とにかくスカッと飛ばしてみたいです。何か今からできる練習方法があれば教えて下さい。

A:ゴルフはボールが止まっているのでついつい、ボールを打とうとする事からゴルフをする方が多い気がします。スカッと気持ちよくボールを飛ばす為に大切な事は、ボールを打とうとぜずクラブを振ったところにボールがある考え方からスタートする事をお勧めします。
インパクトは通過点。このイメージでスイングする事で飛距離も出せ気持ちスイングする事が出来るようになると思います。先ずは小さいスイングから練習を行ってみて下さい。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

TC.Academy.2019

Author:TC.Academy.2019
-------------------------
必然といえる偶然から出会った、
トップアスリートを支える
プロフェッショナルな人達と
関わりを持つようになって
10年以上になります。

自らが彼らにアドバイスを受け、
自身の心身に大きな変化を生じ、現在に至るまで日々進展中。
アドバイスを受ける毎に驚きがあります。

私のもらった感動やノウハウを
今度は多くの方々と共有したいという思いにかられ、直接プロフェッショナルの彼らから指導を受けられる講習会などを企画運営しています。

最初は知人から伝えはじめ、
今ではアスリート、アーティスト、学生、主婦あらゆるカテゴリーの分野のみなさんに参加頂いています。

私自身は身体を使う競技者経験はありません。
アーティストやコーチングプロなどのマネージング、プロデュースを生業にしています。

プロフェッショナルを支えるプロフェッショナルの彼らの独自のノウハウは、ジャンルの枠を超えて物事の本質に一歩近づく気づきを得られるものかもしれません
2011.7.1

● SHOP(通販)

カート小2
 
「ヒモトレ」を始め講習会で使用している「バランスボード」「みちのく山道」をメーカー直送でお届けします。

カテゴリ

メルマガ登録

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

リンク