FC2ブログ

受講された方からのレポートを紹介いたします。2018年7月28日編

2018-08-11

Tag :

7月28日開催された講習会、対談に参加されたIさんよりレポート頂きましたのでIさん了解の上、ご紹介させて頂きます。
当日は台風にもかかわらず、多くの方々にお越し頂きありがとうございました。
以下Iさんの寄稿文です。

ooiwato3rentop.jpg 

ヒモトレ講習会雑感 TC.Academyさん主催の「ヒモトレ」&「ボディバランス」講習会に参加してきました(7月28日@船堀)。以下は本講習会時の様子を簡単に振り返りながら、いくつかの雑感をシェアしてみたいと思います。 今回の構成は小関勲先生による「ヒモトレ」&「ボディバランス」講習会と、今回2018年5月に引退した大相撲の大岩戸さん(上林さん)の「ヒモトレ/バランストレーニング」への取り組みについて、そのコンセプトを含め現役当時上林さんがどのように活用していたのかについて小関先生とのミニ対談の二部構成で行われました。 上林さんが現役時代「ヒモトレ(バランストレーニング)」を導入するきっかけとなったのは怪我の影響だという。多くの力士がするようにテーピングで局部を固め、やった感重視の激しい稽古の結果、歩くこともままならないような腰痛に苦しめられたと。当時を振り返るといかに「不足感」を解消するかに重きを置く稽古への取り組み方だったと。 腰椎ヘルニアによる歩行困難を契機に、ヒモトレ(バランストレーニング)を導入し、小関先生のアドバイスを参考に、部分的に負荷をかける稽古から、「全身を意識した動き」にシフトし、「自身を痛めつける“やった感”」に依存しない、どのようにしたら「全体」が機能するかを研究する稽古に変化していったと。 トップアスリートのそれと比ぶべくも無いが、僕自身も腰椎ヘルニアという共通の疾病に苦しんだ経験があり、それを契機に「身体」に対する見方の変化を余儀なくされたという点に深い共感をおぼえた。 そしてこの一連の経過に関して僕自身にも身に覚えのある感覚だと思った。通常何か成果を上げようだとか結果を出そうとする時には無意識に「No pain, no gain(苦労しないと、得られるものはない。)」と考えがちだ。 それは運動とは無関係な日常的な諸々にも強く影響を与えているように思う。しんどさを乗り越えることに価値を置き、「不足」を補うことに目が向きがちだ。 しかしそういった考えが、「足りていない部分」への粗大な集中につながり、結果的に身体の全体性を損なわせ、パフォーマンスを下げることにつながってしまう。 ヒモトレやバランスボードに取り組み、自らのバランスの在り方を省みると、自分の身体のノーマル(普通)と思っていた諸々が、自分本来のナチュラル(自然)な在り方を阻害していたことに気づくことが多々ある。 小関先生は講習の折々で「ヒモトレとは何かを付け加えるのではなく、自らのフォルムに気づき、自らを発見する営み」である旨を強調される。 あれやこれやと自分の身体の未使用部分を棚卸しをする様に探ると、自分でも気づき得なかった自らの可能性の断片のようなものがちらほら見えてくる。身体の変化によって見慣れた景色が変わると心持ちや考え方もいくらか変わっていく。 と途中から講習会での気づきの自分語りになってしまったが、上林さんの事例のみならず、今回この講習会に参加された方々の各々の気づきの声がそこかしこから上がり、それらがシェアされ、参加者それぞれが講師から一方通行的に学ぶのではなく、自らの気づきを持ち帰り活かされ、その結果がまたフィードバックされと、オープンエンドのサイクルが起きているのが見てとれる。 まるでフリーのコンピューターOSのLinuxやUNIXのように、固定的な正解を置かず、自分の気づきや創意工夫が盛り込める自由さ故に循環し発展していく様子が見ていて面白い。 一般的にはあまり歓迎されない、ある種の自分(の感覚)語りが肯定される。(それ故の危険性があるものの)それが「ヒモトレ」の魅力なんだと改めて気づかされた講習会でした。

受講者の声 ★9月16日(土) ヒモトレ トリプル スペシャル

2017-10-04

Tag :



ヒモトレ発案者の小関勲先生を始め、
それぞれの専門分野で「ヒモトレ」を活用されいる
エキスパートからの生の声を3部構成でお届けしました。

パート1「ヒモトレ 最初の一歩から最前線の情報を」
ヒモトレ発案者 バランストレーナー 小関勲先生
初めての方にも映像資料、実践を交えて分かりやすくお伝え頂きました。

IMG_20170916_155711[1] koseki2.jpg 


パート2 現場のプロフェショナルが伝える「ヒモトレ」
各エキスパート登場です


こいそ接骨院 院長 小磯直樹先生・・
koiso1.jpg koiso2.jpg 
『スポーツを楽しまれる方、一般の方へ、ヒモトレの役目とその効果』
・主に中学生、高校生を対象に伝えていること
・武術的身体運用法をどうスポーツに応用するか、
・動ける身体と可能性を知ってもらうために、最初に伝えたいこと
・「みちのく山道」を使って実体験
 
浜島治療院院長 浜島貫先生
『ヒモトレを活かした現場からの情報』
・ヒモトレをリハビリへ導入する

IMG_20170916_144834[1]

『ヒモトレを紹介、導入する現場』
企業の腰痛予防講座では
自治体の介護予防教室では
『ヒモトレが生み出す可能性』
・ゴムから紐へ
・素肌寝
・裸足ラン

パート3 トークライブ
『ヒモトレから身体をひも解く』
new1.jpg 3niun 1 

各エキスパートの先生へ受講された方々の質問から、
新しい巻き方のご紹介まで大盛り上がりでした。


9月16日(土) ヒモトレ トリプル スペシャルに
参加された方々の声をご紹介いたします。
(回答された方々に同意の上でご紹介しています) 




【 今回ご自身が気づかれた事、変化したことなど1~2行でも結構ですので教えて頂けますか? 】

ヒモトレを実行するようになって、心身のともに疲れきってしまう、ということがなくなりました。とても有難いことです。今回の講習会では在宅医療の現場やスポーツへのアプローチなど実際にどのように生かされているかを知ることができて、ヒモトレの可能性を肌で感じることができました。そして、基本はあるにせよ、それぞれがそれぞれで感じ取って、取り入れていく楽しみとむずかしさがあることも実感しました。

『今までやっていた事の他に色々な発見がある事を改めて教えて頂いた感じでした。

ひもを使って,もっと能力を発揮する方法があると感じました。

本を読んだり動画を見たり、いろんなかたちで簡単に情報を受け取ることができますが、ライブはやっぱり特別、スペシャルでした。講師のお三方とスタッフのみなさんが醸し出している空気感は、その日その時そこにいなければ受け取れません。言語化どころか意識化することも難しいようなその情報こそが貴重でありスペシャルでした。参加できて本当に嬉しかったです。ドキドキわくわくする気持ちはまだ続いていて、まだこれから時間をかけてじわじわ変化をもたらし続けるでしょう。貴重な機会をいただき幸運でした。どうもありがとうございました。

            3nin talk  


【 一言でこの講習会を人に伝えるならどの様に表現されますか? 】

実際に体験することをお勧めします

一度は経験してみる価値がある講習会

自らの可能性を再発見する

行ってみなくちゃわからないよ〜、フフフ

  

【 メッセージ等 】:
なんと素敵な講習会だったことでしょう。感激しました。宿泊の準備をして出かけなかったことをはげしく後悔しました。長岡から出かけていくのはなかなかめんどくさいのですが、是非また参加させてくださいませ。
よろしくお願いいたします( ^^)人(^^ )


小関先生の著書をお持ちなら,既に「ヒモトレ」を試された方々も多いことと思います。

そこで新たな効果的な使用方法をお知りになられたい方も
今現在ちょっと疑問に思われていらっしゃる方にも

皆様方の知識向上に発案者、オリジネーターから学ぶ確かな情報提供の場
この講習会をぜひお役立て下さい。

講習会最新情報はこちらから


「ヒモトレスペシャル」7月度受講者の声をご紹介します。

2017-08-02

毎回好評を博している「ヒモトレスペシャル」と「バランス講習会」

小関先生が少人数で直接丁寧にお伝えしています。
今回も遠く北海道、静岡からもお越し頂きました。

今回は7月のヒモトレと身体のバランスを観る「バランス講習会」に
参加された方々の声をご紹介いたします。
(回答された方々に同意の上でご紹介しています) 

IMG_0078.jpg 





【 今回ご自身が気づかれた事、変化したことなど1~2行でも結構ですので教えて頂けますか? 】

『意識が気づかないけれど、体が気づく」ことでバランスをとっていくということに、納得しました。』

前回入門を終え、今回は実践・対策編があり、参加者の実践や感じた内容が把握でき、同じことで悩んでいたことや解決策を知り気づきがありました。
た先生が話掛けていただいて、会話ができ嬉しかったです。
事務局の方々も優しく分かりやすくご案内していただき感謝します。』

『新たな紐の使い方、応用の仕方が知れたこと、自分のレッスンに活かせるヒントをいただいたこと。また、今までの使い方に改善を加えれば、更にパフォーマンスがあがることを教えていただき、ありがたい時間でした。感謝です!』

『ヒモを手首にして体をねじってみて、今まで過度に動かし過ぎていた部分があることに気づいた。』


IMG_0114.jpg 
新しい巻き方も毎回ご紹介してます。

【 一言でこの講習会を人に伝えるならどの様に表現されますか? 】

『たったヒモ一本を使うだけで、からだが整う。整えば、すべてのパフォーマンス向上に繋がると、無限の可能性を感じた。トレーニングについてのノウハウを増やすのではなく、答えは自分が持っていることがわかるはず。。眠っていた自分の身体機能を呼び覚ましてくれるのが、ヒモトレ!』

『ヒモ一本で体調が改善し気づかされる。』

『本でもDVDでも理解はできますが、先生に直接教えていただくと体感が違います!』

『この講習会は、無意識に働きかけて自分で気がつかない体の癖を薄められます。』

  

IMG_0079.jpg 
これも新しい巻き方で検証中です。


【 メッセージ等 】:
『体の不思議をいろいろ感じ、興味深かったです。ありがとうございました。』

子供達も受講させていただき、ありがとうございました。一緒に体験したことで、私が伝える必要もなく、さっさといろいろ紐を巻いています。紐仲間です!長男は腹筋が苦手ですが、紐を巻いたら「すごい〜!何回もできる!」と感動していました。
歩きにくくなった高齢の父親のために知りたい、と思って講習会に参加しました。講座直後に実家に行って早速試してみました。先生に質問して教えていただいた、足首と足に巻く紐と、たすき、こし、で蹲踞をしたら、紐無しではほとんどあしが曲がらなかったのに、紐をつけたら20センチぐらい深く脚を曲げることができ、びっくりしてよろこんでいました。
私が講習会で体感できたこと、そして先生から学んだことを熱いうちに(?!)自信を持って伝えられたことが良かったと思います。
両親ともたすきとこしは続けているようです。これからの変化が楽しみです。ありがとうございました。』


小関先生の著書をお持ちなら,既に「ヒモトレ」を試された方々も多いことと思います。

そこで新たな効果的な使用方法をお知りになられたい方も
今現在ちょっと疑問に思われていらっしゃる方にも

皆様方の知識向上に創案者、オリジネーターから学ぶ確かな情報提供の場
この講習会をぜひお役立て下さい。

講習会最新情報はこちらから


受講者の声 『今さら誰にも訊けないボーカリストの為のワークショップ』 

2017-06-01

Tag :

男性 Sさん(初参加) 
・ご感想、メッセージをお願いします。
先日は得難い経験をさせていただきありがとうございました。
いつまでも終わらせたくないほど話が弾みましたが、やはり視覚と音の問題、そしてインストの人にも歌モノについてはできれば歌詞を読んで、作品の世界を感じた上で演奏してほしいという話題が印象に残っています。
「視ると遅れる」。
これに気付けたことは、これからの私の演奏に少なからず影響を与え続けることでしょう。

市場先生のご指導のもと、中村先生のany keys OK のピアノで歌わせていただいたひとときは夢のようで、何てぜいたくな時間なんだろうと感激しながら過ごしていました。
自分の声の上限と下限がかなりはっきりとわかりました。
そしてやっぱり、録音て必要ですね。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
あなたの中にやりたいものや訊きたいことがあればあるほど収穫は多いと思うよ

男性(初参加) 
・ご感想、メッセージをお願いします。
音楽をやってたわけでもなく、もちろん、歌なんて習ったこともありません。でも、なぜか興味が湧いてきて、参加してみました。歌いやすいキーも探しても分らえますし、生演奏なので、テンポも合わせてくれます。もちろんプロのアドバイス付きで。今回惜しむらくは、録音しなかったことです。WSの最初の歌い方と最後ではどう変わったかや、客観的に自分の歌声がどんなふうに聞こえているのかがわかると思います。次回参加のときは忘れず録音したいと思います

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
新しい自分開拓


男性(初参加)
・ご感想、メッセージをお願いします。
密度の濃い時間でした。
三つの意味でとてもよい経験ができました。
1. 「メジャーセブン」とか「ディミニッシュ」という言葉の意味が分かり、コードネームの謎が解けてきたので、和音で遊ぶことがこれまで以上に楽しくなってきた。
2. お手本に合わせて完成度を上げていくのでなく、リアルタイムに音楽が出来上がってくる感じを楽しむことができた。音楽という生き物と戯れているような楽しさがあった。
3. 「ボサノバを歌う」という未開拓だった世界を知った。「なんとなくこうしたいな」というものを出していったら、とても喜んでもらえてうれしかった。自分の中に眠っていたものに驚いた。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
どんな質問をしても大丈夫だし、どんなに苦手でも大丈夫。絶対に安全な音楽教室。


女性(初参加)

・ご感想、メッセージをお願いします。
あがり性な上に人前で恥ずかしくて歌ってこなかったので口から心臓が飛び出るくらい緊張しましたが
贅沢なピアノの生演奏と先生のアドバイスを胸に歌う楽しさを自分なりに味わうことができました。
思いきって参加して本当に良かったです。
ありがとうございました。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
「基本から、知ってるつもりまで奥深く学び、誰でも気持ちよく「歌う」ことを味わえるWS」

女性(初参加)
・ご感想、メッセージをお願いします。
はじめは緊張しましたが、終始楽しくレッスンさせていただきました。
帰宅して録音を聴いたところ、一緒に歌ってくださった市場先生の声のすごさに感動しました…
中村先生のピアノも全部違う演奏で(jazzはそういうものですかね
😅)、贅沢な経験したなーと思いました。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
プロのすごさがわかるワークショップ』 

男性(初参加)
・ご感想、メッセージをお願いします。
  
帰り道にふと、課題曲を口ずさんでいました。
誰に聴かせるわけでもないのに。
日常がミュージカルっぽくなって、とても楽しいです。  
あと「和音」とか「コード」の用語は聞いたことあったのですが、実際に音に出して聴かせてもらって、このことか!と納得しました。
ありがとうございます。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとする
ならば、一言でなんて紹介されますか?
誠実でゴキゲンなワークショップ


女性(初参加)
・ご感想、メッセージをお願いします。
初参加でとても緊張していましたが、先生方や他の受講者の方もとても温かく迎えて下さり、楽しくてあっと言う間の3時間でした!普段意識してこなかった「音楽の基本」を教えて下さることで、改めて音楽の理解が深まり、本当に気づきの多い一日でした。

・もしこのワークショップをあなたのご友人に紹介されるとするならば、一言でなんて紹介されますか?
「頭と体と心フル回転ワークショップ」

「ヒモトレスペシャル」「韓氏意拳」 2017年2月,3月度受講者の声をご紹介します。

2017-04-12

Tag :

毎回好評を博している「ヒモトレスペシャル」と「ボディバランス講習会」
そして「韓氏意拳」

どちらも小関先生が少人数で直接丁寧にお伝えしています。
今回も遠く新潟、岩手、静岡からもお越し頂きました。

2Days 初日は「ヒモトレスペシャル」から「韓氏意拳」
初めてヒモトレに触る方も、そして韓氏意拳も初めての方も
いつもの通り乗降される方々は経験も職種もバラバラです。

そんな皆様方から講習後にアンケートにお答え頂きました。
今回は韓氏意拳の受講後の声も含めて紹介させて頂きます。
(回答された方々の同意の上でご紹介いたします)

DSCN2430.jpg


【今回ご自身が気づかれた事、変化したことなど教えて頂けますか? 】

ヒモトレと意拳のおかげで自分自身の身体に対するセンサーの感度
が上がっていくのが楽しく、講習会を楽しみにしています。そして、人それぞれに効果が違う、対処法が違うことを知れば知るほど自分には何が適当なのか探るむずかしさも感じています。それも一つの楽しみと言えますが。参加するたびに新しい気づきがありますので、面白過ぎます。

ヒモトレ、韓氏意拳に参加させていただきましたが、今まで分かっているようで分かっていなかったカラダとの向き合い方、付き合い方に気付けて自分にとってはそれは人生との、自分自信との向き合い方にも通じるものがありました。講習の際の感想でも述べましたが、完成させない、多くの可能性と自由のある状態を大切にすることが私にとってはとても新鮮で、これから様々な事に当てはめていける新しい在り方で、可能性と希望を感じました。そのような在り方を大事にすることでカラダはもちろんですが気持ちの面でも安定感と自信を持つことができました。まだまだこれからですが、変化していくことにワクワクを感じています。ヒモトレでの体感があった後に韓氏意拳を受講することができた流れも有り難かったです。有意義な気づきの時間を本当にどうもありがとうございました!

今まで自分の中に抱えていた疑問や矛盾などに対してたくさんの気づきや希望、そして自信を得ることができました。これからやっとスタート地点に立てたような感覚ですが、今回学べたこと、気づけたことをヨガやトレーニング指導の場でも生かし、自分自身に対してはもちろんですが、関わる多くの方々に役立てられたらと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

『同じ動作でヒモのあるなしで無意識で身体が反応する不思議さ。』

『脚を伸ばして寝ることが本当に気持ちよくなって、今まで寝るときに足の部分を意識しない態勢だったと気づきました』


【 一言でこの講習会を人に伝えるならどの様に表現されますか? 】

体験するのが一番です

簡単で効果あり

『カラダ本来の可能性を引き出し、より機能的なカラダと繋がるメソッド。

『本物の内容に触れてほしい』

『本来の自分に戻れる』


小関先生の著書をお持ちなら,既に「ヒモトレ」を試された方々も多いことと思います。

そこで新たな効果的な使用方法をお知りになられたい方も
今現在ちょっと疑問に思われていらっしゃる方にも

皆様方の知識向上に創案者、オリジネーターから学ぶ確かな情報提供の場
この講習会をぜひお役立て下さい。

次回「ヒモトレスペシャル」は5月19日(金)、20日(土)です。
詳細は後日

★5月19日、20日 小関勲 2days
  「ヒモトレスペシャル」&「小関勲ボディバランス講習会

★5月19日 小関勲「韓氏意拳」
 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

TC.Academy.2018

Author:TC.Academy.2018
-------------------------
必然といえる偶然から出会った、
トップアスリートを支える
プロフェッショナルな人達と
関わりを持つようになって
10年以上になります。

自らが彼らにアドバイスを受け、
自身の心身に大きな変化を生じ、現在に至るまで日々進展中。
アドバイスを受ける毎に驚きがあります。

私のもらった感動やノウハウを
今度は多くの方々と共有したいという思いにかられ、直接プロフェッショナルの彼らから指導を受けられる講習会などを企画運営しています。

最初は知人から伝えはじめ、
今ではアスリート、アーティスト、学生、主婦あらゆるカテゴリーの分野のみなさんに参加頂いています。

私自身は身体を使う競技者経験はありません。
アーティストやコーチングプロなどのマネージング、プロデュースを生業にしています。

プロフェッショナルを支えるプロフェッショナルの彼らの独自のノウハウは、ジャンルの枠を超えて物事の本質に一歩近づく気づきを得られるものかもしれません
2011.7.1

● SHOP(通販)

カート小2
 
「ヒモトレ」を始め講習会で使用している「バランスボード」「みちのく山道」をメーカー直送でお届けします。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

リンク