FC2ブログ

1月27日(火) 甲野陽紀 身体術 『動きだすところを変えての動き』  

2015-01-09

Tag :

『先生の感覚は私の数ヶ月、数年先の感覚かも知れない
もし私がその感覚が分かるようになれば、と思うと
わくわくせざるを得ません!』


実際にカラダを動かして体験、体感するおもしろさ
ユーモア溢れるトークと驚きの連続が入り乱れる
人気の甲野陽紀先生の身体術講習会 
今回のテーマは
 『動きだすところを変えての動き』 です。

この講習会の基本、誰にも出来る簡単なことが
あなたの日常生活でお困りのカラダを変化させる。
そんな使えるワザを教わりながら・・・

さらに・・・発見が!
ご自身の中でカラダをより自由に機能させる何かに
出会える一時がここには在ります。

理屈で考えて動けなくなる不自由、
感覚を大切にして心身共に楽に動ける自由。

年齢、性別、経験は関係ありません。
激しい運動もありませんのでどうぞお気軽にご参加下さい。

○講師メッセージ
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
昨年に引き続き、TCアカデミーでの講座を開催する運びとなりました。
参加された方々と講師である私が話をしたり、身体を動かすというひとつの場を共有することで、
自身の動作の変化や新しい発想への閃きなど、講座後にはそれぞれに小さな一歩でもなにかが
変わっていく場をつくっていきます。

今回は身体の動き出すところを様々に変えてみることでの動きの変化をテーマに進めます。

ジャンプをしたり、まわったり、静かに動いたり、日常に直結して活かすには少し工夫が
必要な内容ですが、動いていくうちに変化してくる身体の感じを楽しみながらやっていただければ
得るものはあると思います。

身体の動きだしを変えてみる、ということを試してみるだけで日々の生活もなにか
変わってしまうかもしれません!?

まずはお試し気分でお気軽にご参加ください。
みなさまのご参加お待ちしております!
甲野陽紀

  
受講された方の声
『誰でも当たり前にできる動作だからこそ、その意識の仕方の違いが
天地ほどの差を生み出すという事が、その場でちょっと試すだけで、
とても簡単・明快に実感できてしまいます。
これは、すごい事だと感じました。』
       


                       【募集要項】 
【テーマ】  『動きだすところを変えての動き』

【主な内容】
1部 ひとつをとらえる/腕からの動き/足からの動き/頭からの動き など
2部 胴からの動き/手首からの動き/ジャンプ など
※内容は受講される方々に合わせてよりその場にあった内容に変更となる場合があります。

【日時】 1月27日(火)  
【会場】 タワーホール船堀 『和室』  
【アクセス】 都営新宿線「船堀駅」より徒歩1分

【時間割と会費】 (途中参加可能です)
17:40- 時間まで先生とフリートーク
18:00-19:10 第1部 ¥3500
19:20-20:50 第2部 ¥4500
第1部+第2部 ¥6500  

【募集人数】 10名程度  (先着順)

【お申し込み】こちらの申込みフォームから

○上記「申込みフォーム」へ移動できなかった場合は、
  ・お名前
  ・住所
  ・電話番号
  ・e-mail
をご記入の上 tc.academy.2011@gmail.com 宛に
e-mailをお願い致します。
(申込み確認メールを2日以内に差し上げます。)  




<講師プロフィール>
東京生まれ。身体技法研究者。
高校卒業後、父・甲野善紀の武術指導のアシスタントとして、
国内外における各地の講座・講習会に同行。
父と共同あるいは単独で有効な身体操作法も案出する。
2007年より単独での講師として各地に招かれ、 武術を基盤としながらも
独自の視点による身体技法を展開する。
日常動作、スポーツ、介護、楽器奏法など幅広いジャンルとのつながりを通して、
人の体の持つ不思議さ・面白さに興味を持ち、 武術だけにとどまらない身体感覚について
日々探求している。
現在は朝日カルチャーセンター新宿・湘南、よみうりカルチャー自由が丘、
ヨークカルチャーセンター長野などのカルチャーセンターで講師を務めながら、
東京都内でも多摩市と文京区にて定期的な講習を開いている。
その他に各地から呼ばれて講習会・講演会の講師も務め、そのジャンルは多岐におよぶ。
教育(東京医科歯科大学、防衛大学校、横須賀市立望洋小学校ほか)、
スポーツ(長野体育センター、三洋電機ラグビーチームほか)、 介護(国立リハビリセンターほか)。
2014年9月には日本テレビ朝の報道番組「ZIP!(ジップ)」にも身体の使い方指導として出演。
共著に『驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術「カラダの技」の活かし方』、
著書に『苦手な体育がおもしろくなる 甲野式からだの使い方』がある。


驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術 「カラダの技」の活かし方 (DVDブック)驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術 「カラダの技」の活かし方 (DVDブック)
(2014/02/21)
甲野善紀、甲野陽紀 他

商品詳細を見る

■1月30日.31日 光岡英稔による武術・武学の概論                         「組討ちの基礎編~武術、武道の初心者向けグラップ」  最終回

2015-01-07

Tag :

【光岡英稔による武術・武学の概論】
「組討ちの基礎編~武術、武道の初心者向けグラップリング基礎クラス~」最終回

今回のシリーズは「組討ち・グラップリング」といって、
簡単に言いますと相手を掴んで倒す練習をしています。

ハワイ時代から稽古され、更に磨きのかかった内容は、
どんな武道・武術を稽古するのにも、役立つと思います。

ゆっくり少人数で進めていただきますので、初心者の方も大歓迎です。
気軽にお越しいただきたいと思います。

毎回 『本当に初めてなんですが大丈夫ですか?』
とのお問い合わせを頂きますが、大丈夫です!

女性の方はイザというときの護身にもなるかと思います。

また特に武術に囚われることなく、グラップリングを通じて
ご自身の身体の動き、働きを観るだけでもきっと
満足されることと思います。

皆様方のご参加お待ちしております。



皆様こんにちは。
北川です。

マニアと奇特な方々に大人気・大好評の光岡先生による
「組み討ち・グラップリング基礎」もいよいよ最終回となりました!

この会では光岡先生がハワイ時代に研究していた総合格闘技の打撃や関節技、
武術との距離感の違いを習っています。

個人的には、初心者の方に是非とも体験していただきたい内容です。

奮ってご参加ください!

北川智久


【光岡英稔による武術・武学の概論】
「組討ちの基礎編~武術、武道の初心者向けグラップリング基礎クラス~」


初めての人から出来る組技、関節技、閉め技、崩し技、投げ技の基礎的な練習方法を紹介いたします。

主な内容は初心者から習える、組技、投げ技、関節技、閉め技、寝技における距離の違い、
近距離技、中距離技、遠距離技。

・遠距離技、甲冑和(かっちゅうやわら)、古流柔術、シラットなど最初に触れ合った先で関節を決める技や、
触れると同時に技が成立する距離の技法。

・中距離技、甲冑組討ち(かっちゅうくみうち)、サンボや柔道、シュワイジャオ、
レスリングのように組んだ後に、投げ技の間合いでサッと投げ崩しと同時に
関節技の形に入る技が成立する距離の技法。

・近距離技、高専柔道やブラジリアン柔術、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン・レスリングの様に
完全に組み合った状態か寝技などでシッカリと密着た所から関節技、締め技が成立する距離の技法。

この様に距離によって組み方、技、術の違いが発生します。
そして、また各距離が組討ちの技術の中で発生した歴史的経過もあり、
この様な所から私なりに組討ちを研究して来たことを紹介できればと思います。

武術、武道、格闘技などが全く未経験の初心者から習える講習会となりますので、
今まで遣って見たかったけどナカナカ遣る切っ掛けがなかった方などは是非お越しください。

解説も含め、基礎の基礎からユックリと稽古して参ります。

皆様の参加お待ちしております!!

講師 光岡 英稔



◆光岡英稔による武術・武学の概論
「組討ちの基礎編~武術、武道の初心者向けグラップリング基礎クラス~」
 
注)両日とも動きやすく、できれば引っ張られるなどして、伸びても問題のない
  服装でご参加下さい。


■稽古1
【日時】  1月30日(金)   
   18:00~18:50  稽古開始までフリータイム
             光岡先生とのフリートーク、質問、自由稽古等
   19:00~21:00  稽古1 (途中参加可能です)
【会場】 江戸川区 タワーホール船堀 「307会議室」 
【アクセス】 都営新宿線「船堀駅」徒歩1分
【会費】  \9000      
【募集人数】 12名程度  
【申し込み】申し込みフォームへ 
--------------------------

■稽古2~4
【日時】  1月31日(土)
  稽古2 09:10~11:40
  稽古3 13:30~16:00
  稽古4 16:10~18:40
【会場】江戸川区 タワーホール船堀 「303会議室」
【アクセス】 都営新宿線「船堀駅」 徒歩1分
【会費】 ・稽古2 ¥9000  ・稽古3 ¥9000  ・稽古4 ¥9000
     稽古2+3 ¥17000 稽古3+4 ¥17000  稽古2+3+4 ¥25000
【募集人数】各12名程度(先着順)  
【申し込み】 申し込みフォームへ

----------------------------------
【連続受講特典】
*1月30日.31日 すべて受講される場合は ¥36000→¥29000になります。

お申し込みに際し、このメールからのリンクで申込みのページに移動できない
(表示されない)場合は上記のご案内をご参考に
お名前・住所・e-mail・受講希望講座・電話番号をご記入の上
下記メールでお申し込みをして頂ければ結構ですので
どうぞよろしくお願いいたします。

宛先  tc.academy.2011@gmail.com


●講師プロフィール
光岡英稔 (みつおか ひでとし)
岡山県生まれ。
7歳で渡米し、小学生時代をアメリカ・カリフォルニアの山の中で過ごす。
帰国後、11歳から19歳にかけて空手、柔道、古流柔術、合気柔術、中国武術、
気功などを日本で学ぶ。
その後、再びハワイへ渡米し、武術指導及び現地の武術家達と交流する。
その中で東南アジアに伝わる武術などを学び、過去に日本や中国からハワイに伝わった
武術を継承している人達との交流を行う。
また、ブラジル、フィリピン、アフリカ等、各国武術の継承者・研究者をアメリカ本土から
ハワイへ招き、講習会を企画・運営しながら学ぶ。
2000年に帰国し、武術指導を始める。
2003年2月、意拳の創始者・王向斎の高弟であった韓星橋先師(2004年没)と、
その四男である韓競辰老師に出会い同年8月に拝師の誘いを受け日本人として初の入室弟子となる。
現在、日本における韓氏意拳に関わる指導・運営の一切を任されている。
また、2012年から「文化の実践としての武の探究」を深めんが為に
国際武学研究会『I.M.S.R.I』(International martial studies research institute)を発足し、
多文化の伝統武具の用い方、伝統武術などの研究を進めている。

日本韓氏意拳学会 代表
国際武学研究会 代表

●著書
『武学探究』『武学探究、巻ノニ』(共に甲野善紀との共著、冬弓舎)

●監修
『FLOW』(尹雄大著 冬弓舎)
『意拳学』(韓星橋著 スキージャーナル)

2015年1月17日(土) 小関勲 ボディバランス講習会&ボディバランスボード無料試乗会

2015-01-04

Tag :

          
          ≪ トップアスリートのバランストレーナーが語る バランスの極意 ≫

『バランスとは? 動きの質とは? 良いパフォーマンスの実感とは?』 

何気なく使っていたり耳にする言葉が並んでいますが、その本質とはなんでしょうか?

それぞれの謎・秘密を当日は、オリンピックの強化コーチでもあり数々のトップアスリートの指導を
されている小関勲先生から実際にバランスボード各種を使用しながら言葉にたよらず実践的な講習で
探ってみましょう。

当日は、あまり難しく考えずに楽しく過ごして頂けたらと思います。

希望者のみで構いませんが、普段使用している道具や楽器等をお持ち下さい。
ご自身で実際のパフォーマンスの違いを観てみて下さい。

当日は、バランスボードを講習前後に数種類自由にお試し頂ける時間も用意します。

こんな方にお薦めします・・・

パフォーマンスを向上させたい、ケガを軽減・予防したいという方、姿勢が気になる方、
日常動作を改善したいという方。指導者、選手、教育関係者、医療、福祉、ビジネスマン、
アーティスト、音楽家などバランスに興味のある方はどなたでもご参加頂けます。
アスリートから運動が苦手な方までお気軽にどうぞ。

話題の「ヒモトレ」も紹介します。
ヒモを使った効果的なトレーニング方法や動きをご紹介します。
肩回りの運動や歩行などに、ちょっとした制限を加えることで
体の自由度を再認識して頂けると思います。

正座、胡坐がなぜ大変なのかちょっとしたことで変化を感じて頂けます。
肩こりや膝痛の方、歩行や階段が大変という方、
身体パフォーマンスを高めたい方などお勧めです。

ヒモ付き 締めるとカラダは動き出す!  ヒモトレヒモ付き 締めるとカラダは動き出す! ヒモトレ
(2014/02/13)
小関勲

商品詳細を見る
                  ●ヒモトレ 特設サイトはこちらから



   今回の講習会はバランスボードやヒモを使った実践形式の講習会です

      『ちょうどいいから動ける』を感じて
      本来持っているカラダのバランス能力や運動機能に気付くために
      様々な動きやバランスボードやヒモトレを通して体感していきます。
      カラダを使った自分科学、是非楽しんでみてください。

       『含みがパフォーマンスを高める』を知る
       力、感覚、技術は使う(使い切る)のではなく、含む(使わない)ことで機能していきます。
       一人一人に体感し把握してもらえるようにお伝え致します


                       【募集要項】

               【日時】  2015年1月17日(土) 

       ・9:00~9:20 各種バランスボード 無料トライアル会 
                 (一般公開・受講されない方も試乗できます)
       ・9:20~11:40 講習会
       ・14:40~12:00 Q&A 、ボディバランスボード試乗会 (受講者限定)
       

【主な内容】 一流のアスリートはどのように「バランス」を考えているのか? バランスが良いとは?
       心と身体のバランスが整うとは? 力を出すとは実感を伴う? 筋トレは何の為?
       あなたの身体をヒモで自由にする ヒモが運動の連続性を生み出す等盛りだくさん・・
       Q&Aのコーナーもありますので、ご都合が宜しければ実際に使用されている道具、
       楽器をお持ち下さい。


           【会場】 タワーホール船堀 307 議室
           【アクセス】 都営新宿線「船堀駅」徒歩1分 
           【募集人数】 12~15名程度
           【会費】  ¥8000
            学生の方は各講習会¥2000割引いたします。(当日学生証をご提示下さい) 

           ●お申し込みはこちらから 申込みフォーム
 

◆よく頂く質問
・服装は?・・・服装は動きやすければ問題有りません
・録音・録画は?・・他の参加者の迷惑になる恐れがありますので、ご遠慮下さい。
・子どもは参加できますか?・・・講義が中心になる場合がありますので事前にお問い合せ下さい。
・キャンセル料は?・・・開催日近くになると発生します。詳しくはお申し込みフォームをご覧下さい。


 前回の講習会風景
         IMG_7230.jpg
 講習会は、少人数で行います。
 参加者は、実際に各自のボディバランスの違いが
 直接指導の下で確認できます。

bbb511.jpg
 こちらは、ボディバランスボードを使用しているところ
 実際にボードに乗ってみることで、
 様々な発見があります。 



●受講された方の声
『バランスという掴みにくいものを、どう理解しやすいように伝えていくか、という試みは、受講した時だけでなく、
後になってあっ、と気づかされることも多いです。
心のバランスボードも、乗るたびに気づきや変化、またその応用方法等も出てきます。
その僕自身の体験を、どのように表現、アウトプットできるか楽しみです^^』


<講師より一言>
本来、人のバランスは整っているものです。
もともとそうなっているのであれば、
崩れの要因を取り払うことで
霧が晴れ景色が見えるように、

不思議とバランスは整っていきます。

意外に思われるかもしれませんが、バランスを良くしようすることは、
もしかしたらバランスを崩す原因を作っているかもしれないのです。
まずはバランスが整っている、保たれていることを
体験を通して感じていきます。

本来整っていることを知る(感じる)ことで
考え、やり方、受け方、構え、動き方…etc
あらゆることがより新鮮に見えてきます。
あとは身体の濃度によって生活レベルと競技レベルに
違いをもつことができるようになります。

是非一緒に体感していきましょう。

                    kab labo.小関


小関式 心とカラダのバランス・メソッド (GAKKEN SPORTS BOOKS)小関式 心とカラダのバランス・メソッド (GAKKEN SPORTS BOOKS)
(2013/10/29)
小関 勲

商品詳細を見る


  講師プロフィール 小関勲(koseki isao)koseki1

  KabLabo(小関アスリートバランス研究所) 代表
  平成12~15年度オリンピック 強化委員(スタッフコーチ)
  平成22~25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)
  日本体育協会認定コーチ
  東海大学医学部客員研究員・共同研究者



氏の開発したバランスボードを活用している競技及び指導実績

・プロ野球・プロチーム・最多勝投手・新人王投手・WBC出場選手、
・サッカー J1チーム・なでしこリーグ選手、日本代表選手、海外選手、
・陸上トラック(短距離、長距離)日本代表選手・フィールド競技日本代表選手・実業団チーム、
・スキー・スノボー日本代表選手、アルペン日本代表チーム、
 オリンピック代表選手入賞、ワールドカップ入賞選手、日本代表モーグルチーム、
・サーフィン プロサーファー、日本代表をするビックウェーバー
・ライフル射撃 日本代表選手、代表チーム、世界チャンピオン、オリンピック金メダリスト、
・バレーボール プロチーム
・卓球 女子日本代表、全日本チャンピオン、北京・ロンドン代表選手、
・ラグビー、日本代表、大学ラグビーチーム、大学チャンピオンチーム、ラグビー全国高校チャンピオンチーム、
・アメフト 大学アメフトチーム、
・競輪 S級ランキング選手、S級選手、A級選手、
・ゴルフ ツアープロ(男女)、ハーフ日本最高記録保持者、ティーチングプロ、
・テニス プロ選手、
・セーリング 北京・ロンドン日本代表チーム、
・スケート スピードスケート日本代表選手、
・水泳 日本代表コーチ・ Jr全国入賞選手、強化選手、
・格闘技 大相撲力士 プロ総合格闘家、プロボクサー、
・フェンシング学生全国入賞者・ジュニア強化選手 、
・武術家、アームレスラー、ダンス・エアロビクス全日本チャンピオン、プロダンサー、
・バスケットボール・プロ選手、女子日本代表選手、
・音楽家・声楽、歌手、ジャズミュージシャン、歌舞伎・俳優(大河ドラマ、映画主演者)
・芸術・作家、陶芸家、指揮者車、バイク、ボート・ドライバー、
 レーサー、競馬・騎手、野球甲子園出場高校、その他(スポーツ全般)

1月17日 小関勲 「韓氏意拳」講習会

2015-01-04

Tag :

1月17日(土) 小関勲 「韓氏意拳」 講習会のお知らせ

大変お待たせいたしました!
日本韓氏意拳学会中級教練でもあり
小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表で
平成22~25年度オリンピック強化委員でもある
ボディバランストレーナー 小関勲先生の「韓氏意拳」のご案内です。

TCAcademyでの4回目となるこの講習会、今回は受講者の皆様方の声を
反映させていただきたっぷり充実の3部構成となっております。

第1部・・「基礎・入門編」韓氏意拳を初めて体験する方にもお薦めの入門編的な講習会
     今までに受講経験のお有りの方でも基礎編は何度でも受講されても都度
     発見があるものです。 自身の進度の為にも定期的な受講をお薦めしています。

第2部・・・既に「韓氏意拳」(他の稽古会を含め)を受講されていらっしゃる方々で
      キャリアの浅い方々を対象にしています。
      当日初めて第1部を受講された方々もご参加頂けます。
      参加者のレベルに則した内容の講習会になっています。

第3部・・・「韓氏意拳」他の講習会を含め複数回稽古に参加されていらっしゃる方々を対象にしています。
      内容は当日参加された方々のレベルに即したものになります。
      

第1部で初めてちょっと経験をして、また経験者の方でも、基礎からお復習いしてから
第2部からの通常の稽古に臨まれるのは、体認を深めるためにとても効率の良い方法だと
思います。

ここで韓氏意拳千葉分館世話人でjazz ユニット 藍色の空-Aisora-やHaruinu Duoでも活躍中の
jazzピアニストの中村尚子さんが小関先生の講習会ことについてコメントされていますのでご紹介します。

『常々TC.アカデミー講師の指導力に感心しきりの
私からみても「この人は教えるのがホントに上手だな」と
思うのが小関勲さん。

彼のバランス講習会は間口が広く、
一見するととてもシンプルです。
しかし、何度受けても奥が深く、
一流アスリートから怪我に苦しむ人、
治療家、音楽家、あらゆる職業や立場の誰が参加しても
誰に対しても同じものを指導される。
しかし、個々人の見る場所にしっかり対応しているのです。

その小関さんがライフワークとして取り組まれているのが「韓氏意拳」です。
そして「韓氏意拳」の指導者でもあります。
私、中村も小関さんから紹介され「韓氏意拳」を学んでいます。

今回はTC.アカデミー『小関さんから教わる「韓氏意拳」』の第3回となります。

私の経験からいえるのは、漠然とものをとらえるより、
精度を高めるには武術的な視点があると
より一層私自身の心とカラダに対してクリアな視界が得られます。

「韓氏意拳」を学んでいる方も、
興味はあるけれど未経験な方も、
小関さんの指導は非常にお薦めです。

いろいろ武術を勉強しているが、
「上達しているのか自分でよくわからない」という方や、
「いまそこにある感覚をそのまま受け止めるには」どうしたら?とか、
「言葉に置き換えるのが難しい『感覚』を言葉にするのをやめる」って?とか、
「日常生活の中に韓氏意拳はある」ってどういうこと?とか、
「韓氏意拳をひとり稽古するときに大切にするものとは?」知りたい方、
ぜひ、小関勲さんを通じて「韓氏意拳」に親しみませんか?』


いかがでしょう?
とにかく楽しい一日になることには間違い有りません。
皆様方のご参加お待ちしております。

    **************** 募集要項************************       

【日時】  2015年1月17日(土) 
第1部 15:00-16:20 ¥4000
第2部 16:30-18:00 ¥5000
第3部 18:15-19:45 ¥5000
【会場】  葛西区民館 健康スタジオ
【住所】 江戸川区中葛西3丁目10番1号
【アクセス】 東京メトロ「葛西駅」徒歩5分

【会費】 今回複数受講される方々には、割引料金が設定されています。
      第1部 ¥4000
      第2部 ¥5000
      第3部 ¥5000
第1部+第2部 ¥8000
第2部+第3部 ¥9000
第1部+第2部+第3部 ¥12000

【募集】 各10~13名程度(先着順)
【申込み】 
お申し込みはこちらからどうぞ 申し込みフォームへ

(よくあるお問い合せへの回答)
・服装は身体を締め付けない服装であれば問題ありません。
・会場は板張りですので、当日は上履きもしくは靴を脱いでご参加下さい。
・途中休憩を挟みますが、トイレ、給水、休憩は都度ご自身の判断で。
・激しい動きはありません
・会場に於いての録音、録画は他の参加者の迷惑になる場合がありますので
 ご遠慮下さい。
・可能で有れば、初めての方でも第1部と第2部と通しで受講をお薦めしています。
・講習会終了後でも先生は時間の許す限り受講された方々の質問にお答えしています。
・会費のお支払い方法は、申込み確認メールに記してあります。

【講師メッセージ】
身体とは把握できないものです。
ただ立つ、ただ歩くだけでも
一度にどのように動いているか、
またどのように機能しているかを把握することは困難であり、

もしそれを正確に知ったとしても
正確性を求めた瞬間から正確性からは離れてしまうのです。

韓氏意拳ではそれらの距離感、そして把握の仕方を
「体認する」という言葉で表します。

体認とは、現代人の特徴である思考で理解するのではなく、
身体全体(思考も含めた)で理解していくものです。

身体、運動をとてもシンプルでのびやかな動きを通して
深めて行きます。

韓氏意拳は武術であると同時に健康であり、趣きを感じるものであります。

何か疑問を持っている方、自己を探究したい方、武術やスポーツを探究したい方など
老若男女どなたでもご参加できます。



◆受講された方々の感想

『いかに自分の状態が切れがちであるかがわかり、
状態をつかみ続けることは難しいけれども大切なのだと再認識できました。
どうしてもなにかを作り出そう、実体のあるものを明確に掴もうとしてしまいがちですが、
そこではなく、まったく別の未知な方向に導いて導いてくださったのがとても印象的でした。』

『講習会、大変楽しかったです。警覚状態についてさらに認識を深めることができました。
これからはより活力と警覚状態を感じながら稽古に励もうと思います。』

『からだの接地面や表面で捉えるクセがわかったのでよかったです
運動を幅でとらえることが次の可能性(動き)を生み出すことを改めて感じました
先週までは疲れていましたが、意拳とバランスのおかげか、眠りが深くよく眠れました』

『小関先生の講習会は今回で3回目になります。
毎回とても透明度の高い場で、自分自身の生命や存在そのものといった、
いわく捉え難いものに軽やかに目を向けさせてくださる。
その流れがなぜかあまりに自然で、‘韓氏意拳’という冠すら忘れてそこに立たせて頂いて居る。
未だに“拳て何?”なんて意識状態ですが、私の場合はバランスボードやヒモトレで味わう
軽やかなまとまり感や有りや無しやの全一感・全体感が、高い集中を要する韓氏意拳の‘抱’への
橋渡しをしてくれている、そんな気もしています。バランスボードが繋いでくれた縁です。』



koseki1 講師小関勲プロフィール
 小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表
 平成12~15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ)
 平成22~25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)
 日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、
 日本韓氏意拳学会中級教練

2015年1月10日 北川智久 北川講習会「基本と基礎と根本原理」

2015-01-01

Tag :

 今回のテーマ 「基本と基礎と根本原理」

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今回は、身体をどのように鍛えて行くかをテーマに進めます。

初心者の方が、稽古を続けて行くにあたっておさえておきたいポイントを研究します。
また、始めたものの稽古が上手くいかない方にもお越しいただきたいと思います。

気軽にお越しください。

よろしくお願いいたします。

北川智久

【予定している内容】
・全身を動かす
・身体を偏らせる
・技術を習うことについて
・ 一人での稽古と二人での稽古
・Q&A 等を予定


稽古後に自由稽古の時間があります。
その日の復習や自由研究にあててください。

【当日の進行について】
・参加されていらっしゃる方のお声を聴かせて頂きながら
 リクエストにもなるべくお応えしながら講習会は進んで行きます。

・術理の披露、体感、それに伴う稽古などとそこからの
 展開を楽しんで行きたいと思います。

・Q&Aコーナーもあります。      
                            
年齢や性別・ジャンル・経験は問いません。
皆様のご参加をお持ちしております。


            【募集要項】

【日時】 1月10日(土)
 ・稽古 17:40~19:40
 ・自由稽古 19:40~20:20   

【募集人数】 7名程度(先着順)
【会場】タワーホール船堀 「和室」→「401会議室」になりました。
【アクセス】都営新宿線「船堀駅」前 徒歩1分

【持ち物】 特にありませんが、念の為汗をかいた場合のタオル、着替えなどお持ち下さい。
【服装】 特に道着、トレーニングウエア等の規定はありません。
     普段着でご参加頂けますが、身体の動きを制約しない服装をお薦めいたします。

【会費】 \8000 *学割有ります。 申込時にお申し出下さい。
                
●申し込みはこちら 申込みフォームへ●
(表示されない)場合は上記のご案内をご参考に
お名前・住所・e-mail・受講希望講座・電話番号をご記入の上
下記メールでお申し込み下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。

宛先  tc.academy.2011@gmail.com


受講された方の声(女性)

北川先生の講習会で初めて見聞きするものが面白すぎて、つい参加し続けてしまいました。

特に技を覚えたり強くなったりしたわけではありませんが、
自分の中の見えないところで、何かが育ちつつあるような気配を感じています。

個人的には、北川先生の講習会では、あまり「教えられた感」を感じません。

これまでは「教わる」ということを、一旦自分を否定されてから
正しいことや新しいものを流しこまれることだと考えていましたが、
北川先生の教え方というか接し方ですと、教わっているのか自分で勝手に発見しているのか、
よくわからなくなってしまいます。

こんな雰囲気でないと育っていかないものもあるのかなと、今は感じています。

自分を否定された印象を持たずに何かを教わるというのは、私にとって貴重な体験でした。

北川先生の講習会は、武術的な動き方や術理などを
自分の身体で味わいたい方に最適な講習会だと思います。

参加者全員が先生の技を受けることができ、質問も自由にできます。

質問をしても、かえって謎が深まってしまうこともありますが、
それがまた面白いところだと思います。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

TC.Academy.2018

Author:TC.Academy.2018
-------------------------
必然といえる偶然から出会った、
トップアスリートを支える
プロフェッショナルな人達と
関わりを持つようになって
10年以上になります。

自らが彼らにアドバイスを受け、
自身の心身に大きな変化を生じ、現在に至るまで日々進展中。
アドバイスを受ける毎に驚きがあります。

私のもらった感動やノウハウを
今度は多くの方々と共有したいという思いにかられ、直接プロフェッショナルの彼らから指導を受けられる講習会などを企画運営しています。

最初は知人から伝えはじめ、
今ではアスリート、アーティスト、学生、主婦あらゆるカテゴリーの分野のみなさんに参加頂いています。

私自身は身体を使う競技者経験はありません。
アーティストやコーチングプロなどのマネージング、プロデュースを生業にしています。

プロフェッショナルを支えるプロフェッショナルの彼らの独自のノウハウは、ジャンルの枠を超えて物事の本質に一歩近づく気づきを得られるものかもしれません
2011.7.1

● SHOP(通販)

カート小2
 
「ヒモトレ」を始め講習会で使用している「バランスボード」「みちのく山道」をメーカー直送でお届けします。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

リンク