二天一流兵法 について 高無宝良 

2014-08-15

Tag :

二天一流兵法

宮本武蔵は、今や世界でもっとも有名な剣豪の一人といって間違いないでしょう。
二天一流はその宮本武蔵が晩年に確立した剣術流派です。
二刀をよく用い、自由闊達な境地をもって戦うことを主眼とします。

二天一流は始祖宮本武蔵が肥後細川藩に伝え、いくつかの派に分かれながら現在まで
肥後で伝わっています。
当会で修練する二天一流は、山東派八代青木規矩男(号鉄心)師範の最高弟の一人、
故稲村清先生から教授されたものです。

この伝の二天一流には、他の青木先師の弟子筋の先生方のものと少し異なる特徴があります。
武術的にみて非常に奥の深いものですが、残念ながら教わった人は少なく、いま練習する人も
ごく少数です。
そのため、その貴重な教えを少しでも有志の方にお伝えしたく、先生のご長男(剣道師範)の了承の上で
修練をさせて頂いています。
青木先師から稲村先生に伝えられた教えを、できる限り本質的な形で残していきたいと思います。

<稲村清までの系譜>

初代 宮本武蔵藤原玄信
二代 寺尾求馬助信行(肥後藩士、これより肥後へ伝承)
三代 寺尾郷右衛門勝行
四代 吉田如雪正広
五代 山東彦左衛門清秀(楊心流柔術師範家)
六代 山東半兵衛清明
七代 山東新十郎清武
八代 青木規矩男久勝(昭和中興の祖、関口流抜刀術ほか諸武芸併伝)
九代 稲村清

<先師青木鉄心先生と稲村先生>

青木先生と稲村先生の関係、修業時代とその後の事ごとについて、稲村先生から伺ったお話を
書きとめておきます。
とはいえ青木先生はお弟子の数も多いので、それぞれに異なる伝聞、異説もあろうかと思います。
この聞書きも、青木先生にまつわる数あるうちの一つの貴重な証言とご理解ください。
また、これらの話は耳で聞いたもので、中には稲村先生や私達の記憶違いによる誤りも
あるかもしれません。
当時の事情に詳しい方がもしいらっしゃいましたら、ご指摘いただければ幸いです。


◎出会い、入門
稲村先生は、植民地時代の台湾で当時教員だった青木先生と出会い、修業を始められたそうです。
入門は十代の頃でした。
二天一流と関口流抜刀術を主として学び、時には槍術や大坪流の馬術も練習したそうです。
とくに空手は、吊るした生肉に貫手をして肉をつまみだせるほど鍛えられていたとか。
ただ、青木先生の修められていた古流泳法(八幡流?)の学習を奨められた時は、
「先生の泳法より私のクロールの方が速いから結構です」と断ってしまったそうです。
稲村先生には、私たちのお会いできた晩年にもどこかそんな率直狷介な雰囲気がありました。
若い稲村先生を青木先生も可愛がられていたのかもしれません。
この頃、主な稽古場は青木先生の自宅の庭だったようです。

◎戦後の修業時代
終戦後、中学校の教員として東京都府中市に居を定めた稲村先生のもとに、
しばらくして青木先生もやってこられました。
稲村先生は、青木先生のために隣家(隣の部屋?)を借り、知り合いの伝手で学校教員の
仕事も斡旋して差し上げたそうです。
このことからすると、戦後青木先生は東京にも住まいし、各地の門弟を訪れては
教授されていたものと思われます。
この頃(おそらく昭和三十年代)、NHKの「私の秘密」という番組に青木先生と稲村先生とで
出演し、お二人で二天一流の形を打たれています。
この映像はもしかしたら今もNHKのアーカイブスにあると思われますが、私達はまだ見られていません。
どなたか詳細をご存じの方がいらっしゃいましたらお教えください。

◎伝承を拒否、別離
このように、稲村先生は青木先生に親炙すること三十年近くに及びました。
青木先生が晩年になると、二天一流、関口流の道統を継ぐよう稲村先生に指示され、
伝来の書物や道具類も譲り渡そうとされたそうです。
それまでの親密さを考えれば不思議ではありません。
ところがこの時、稲村先生は「馬術や槍術など青木先生の諸武芸を修めるのには程遠いのに、
とてもそんな重役をお請けするわけにはいかない」として、これを断ってしまいました。
再三の要請にも固く辞したので、とうとう青木先生は激怒し、住いを引き払って
熊本に帰ってしまわれたのだそうです。
以来青木先生が亡くなるまで、お二人の関係は疎遠になってしまいました。

◎青木先生帰郷後
少し奇遇な話ですが、青木先生がまさに東京を引き払って熊本に帰る途中、
岐阜県の亀谷鎮先師(関口流抜刀術を現山田家に伝える)のもとに立ち寄り、
「じつは東京の弟子とかくかくの事があったので熊本に帰る」と話されていたという伝聞が、
亀谷先師の後継である山田家に伝わっています。

青木先生の帰郷後、稲村先生の知人に日体大の阿部先生という方がいて、
稲村先生に二天一流の教授を願い入れました。
この方はおそらく剣道の先生か何かだったと思われます。
稲村先生は「私などより、師が存命だからそちらをお訪ねなさい」といって青木先生を紹介されました。
阿部先生は列車に乗って熊本の青木先生のもとを訪れましたが、そのころすでに青木先生は
老齢のため、教授ができる状態ではありませんでした。
帰京した阿部先生からそのことを聞いた稲村先生は、ならば致し方なしと、
阿部先生と共同で二天一流の冊子を制作されたそうです。
その冊子についてもまだ実見の機会がありませんが、ご存知の方がおられましたら
お教えいただきたく存じます。

◎その後の稲村先生
この話からもわかるように、稲村先生は青木先生の帰郷後門戸は開かず、
阿部先生との冊子制作を除いていっさいの指導要請を拒絶されていました。
時おり噂を聞いた教授希望者が訪れても同様で、あまりの度重なる懇請に一度だけ写真撮影に
応じたことはあるとのお話でしたが、基本的にすべて門前払いされていたそうです。
私達がさるご縁から稲村先生に教えを受けられるようになった時、先生はすでに80歳に
なっておられました。
低い姿勢から激しい跳躍を行う関口流抜刀術の形は、もうできなくなっていました。
私達が直接教授していただいたのはわずか数年の間でしたが、その老齢を思わせぬ見事な動き、
含蓄ある口伝の数々は、記憶の中に鮮やかに残っています。

稲村先生の最晩年、伝承という役目をあれほど拒絶されていた心境は少し変化されていたようです。
青木先生制作の写真付き解説書(甲府武徳殿にて辻守弘医学博士を相手に青木先師が打太刀を演じているもの。写真撮影は稲村先生)を刷り直し、岐阜県で亀谷先師の伝を継いだ山田昌孝先生に会ってこう言われました。

「青木先生の二天一流をこの世に正しく残すべく、今教えている者たちにはこの冊子を渡そうと思っている。
ついてはあなたにも同じ青木先生の後継としてこれを託すので、今後を見守ってもらいたい」

<稲村伝二天一流の特徴>

青木鉄心先師は山東派の二天一流を広く弘流されたため、現在の後継者間でも少なからず動き方、
風格、流派体系に差異が見受けられます。

◎動き方の教え
稲村先生の二天一流の特徴は、一言でいえば「五輪書の記述に忠実である」ことといえます。
ただし稲村先生がことさらに五輪書の記述や用語を用いて説明されたことはなく、
五輪書に忠実たらんとするような意図はとくになかったようです。
ひとえに青木先生から伝承された武術としての内容が、結果的に五輪書の記述と違わぬものだったということでしょう。
歩みよう、太刀の運びようはあくまで自然で、滑らかでした。また以下のことは僻事として常々戒められていました。

●足幅を大股に開くこと。
●爪先立つこと(踵を上げること)。
●床を踏み鳴らすこと。
●腰を落としすぎること。
●必要以上に大きく半身になること。
●タメや力み、居着きを表すこと。

たとえば一刀の形一本目「指先」の場合、その要訣は「普通の歩み足でするすると出て止まらない、相手が打って来てもかわさずに真直ぐ出る、太刀の差し上げは道を訊かれて指さすように何気なく、相手を制しても意識は止まらない」といった具合でした。
全体に業も非常にシンプルで、淀みがなく、とかく静かな印象があります。
ただ、二刀の形の場合には「ずー、たぃん、へつ」という発声を行います。

◎流派体系と青木先師の名乗り
二天一流の形について、稲村先生は「青木先生の教えは一刀の十二本、二刀の五本だけだった」と仰っていました。
この形のことを他系統ではいま「勢法」と書いてセイホウなどと読むこともあるようです。
ただ、稲村先生がセイホウと呼んだり勢法という字を書かれているのを見たことはありません。
たんにカタと呼んでらっしゃいました。
前述の青木先生が制作された写真付き解説書にも、形と表記してあり勢法の字は見られません。

また、同冊子には青木先生の名乗りとして、二天一流八代目師範と記してあります。
稲村先生のお話、また稲村先生と同時期に師事していた岐阜県の相伝者亀谷鎮先生からの聞き伝えでは、青木先生は台湾時代から「肥後の二天一流、関口流に宗家などない、師範だけだ」と仰っていたそうです。
少なくとも両先生の師事されていた期間、青木先生は宗家という名乗りはされていなかったと思われます。

高無宝良 

8月30,31日 self-defense & awareness 光岡英稔氏からのメッセージ

2013-08-20

Tag :

今回のTCアカデミー&北川企画でのSDA講習会も一区切りを迎えることとなりました。

この度は最後と言うこともあり、

『今までの復習と、そこからのQ&A』

『SDAにおける新たなアプローチ』

『SDAと武術の関係性と相違点』

の三つの軸を中心に実際の護身技術から武術的身体の基礎作りと運用などを講習・稽古して参ります。

また、最終日には以前TCアカデミー&北川企画で稽古講習しました形意拳からの“龍形”と
東南アジアの武術の基礎である“シィムポック、ディムポック”、
また日本の武術における“蹲踞からの居合抜刀・座構えからの立ち上がり”等も
紹介できたらと考えております。

また、番外編としての“真夏の深夜のSDA~?”も考案中で、間に合えば紹介させていただきます!

今回が最終回となるSDA(セルフディフェンス&アウェアネス)ですが、いつもに増して楽しく、
面白く、真剣に稽古をしながら何か多少でも皆の身になることを紹介できたらと思います。

皆様の参加、お待ちしております!!

光岡 英稔

甲野善紀先生の感想(Twitterから)

2013-01-20

Tag :

甲野善紀先生が1月19日にTwitterに投稿された一連の発言をご紹介いたします。



今日1月19日は韓氏意拳の光岡英稔師範の、意拳ではない形意拳の講習会。
およそ武術には無縁そうに思える女性の参加者が何人もいる光景を見ていると、
とても日本でも屈指の武術家の講習会とは思えない。

もし武術に恐ろしく熱心で求道心のある人が来れば、高級外車を中古軽自動車の価格で
購入出来たほどの価値があった講習会だと思うだろう。
(これほどの人に質問が十分できた環境だったという意味で)

あまりに勿体ない気もしたが、すべて北川智久氏に任せ、
それはそれで良しとされている光岡師の人としての器量はなかなか絵になる。

この講習会の後、山形に出向かれる光岡師範を山形新幹線のホームまで
北川氏とお見送りしたが、その途中、手の握り方など、
あらためて非常に参考になる話を伺うことが出来た。

それにしても北川氏の才能はあらためて大変なものだと気づかされる。
とにかく身体の動きに関しては、私のところを出発点に韓氏意拳、身体教育研究所、
心道流の空手、カリ、シラット、そして姓が同じなのでよくシステマの指導者に
間違われるだけに、これについても私より詳しい。

その上、「まるみつ」の、小関勲氏が製作し、使い方も指導しているバランスボードや、
「みちのく山道」(私が考案した身体調整器具)の他人でも思いつかないような
使い方も工夫している。

とにかく、ただ単にいろいろやったという事ではなく、さまざまな方向から検討を加え、
驚くような気づきを生み出している。

今までにも、北川氏には「虎拉ぎ」の思いがけない対寝技の威力に気づいてもらったという
大きな恩がある他、身体教育研究所の野口裕之先生の教示である身体を「凝縮系」と
「伸び伸び系」に分けて使う事の意味を、私に分かりやすく翻訳してもらった恩もある。

お陰で私の技の幅がどれほど広がったか分からないほどだ。

私は幸いなことに「余人をもって代え難い」という才能のある人に何人も出会っているが、
北川氏も間違いなくその内の一人。

ただ北川氏の才能は、およそ普通の会社や組織では芽が出なかったろう。

北川氏は、名越クリニック院長から「君は独自に新しい職業を創る以外道はない」と
断言されていたが、流石に名越院長である。

そして、私以外にも北川氏の才能に気づいた方々は、野口裕之先生、光岡英稔師範、
小関勲氏など、さすがに皆さんセンスのいい人達だ。

以前、北川氏に会って、北川氏の才能に気づくか、
「何か訳のわからない事を言っているなあ」で終わってしまうかで、
その人の「人を観る眼が試される」と書いたことがあったが、
今夜話してみて、今ではかなりの人が「この若者はタダ者ではない」と思うだろうと感じた。

どこか試験的にでも北川氏にスポーツクラブの指導を全面的に任せるような試みをしたら、
トンデモない能力が引き出される子どもが出てくるように思う。

とにかく北川氏の才能と魅力は、直に本人に会って確かめる事が一番なので、
御関心のある方は北川氏のサイトを御覧下さい。
http://kitagawa326.blog.fc2.com/

甲野善紀 @shouseikan

「意識と無意識の間をみる」を音を出す行為を通じて体感できるか?

2012-08-23

Tag :

「意識と無意識の間をみる」を音を出す行為を通じて体感できるか?


譜面の無い即興演奏を得意とするJazzミュージシャンって、
結構武術と繋がる行為をしているのかも?

9月1日の音楽ワークショップの講師中村尚子さんからのメッセージです。

【講師メッセージ】

『武と音楽の違いって何でしょうか?

武は行って比較するものが具体的に少ない、
自らの行いを自分自身で聞き分けられないことが多く、
過程において自分以外の指導者が必要になる。

音楽は行いそのものが音として明快に表現される。
もちろん、違いに気づくための指摘も必要です。

音楽の良い所は、自分自身の今の状態を
少し気づきやすくしてくれる、という点。

自分と自分の中の他者をしっかり確認できます。

「いま」という一瞬の連続の中で、
自分を自分でみるって難しいことですが、
音を出す、という行為に限定していくことで、
少しみる見続けるということを落ち着いてできるように
なるのではないかと考えます。

私自身、その日のいまがどうか?
その場にならなければわかりませんので、
みなさんと一緒に観察者の一人として
いろいろ試していけたらと思っています。』

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

TC.Academy.2018

Author:TC.Academy.2018
-------------------------
必然といえる偶然から出会った、
トップアスリートを支える
プロフェッショナルな人達と
関わりを持つようになって
10年以上になります。

自らが彼らにアドバイスを受け、
自身の心身に大きな変化を生じ、現在に至るまで日々進展中。
アドバイスを受ける毎に驚きがあります。

私のもらった感動やノウハウを
今度は多くの方々と共有したいという思いにかられ、直接プロフェッショナルの彼らから指導を受けられる講習会などを企画運営しています。

最初は知人から伝えはじめ、
今ではアスリート、アーティスト、学生、主婦あらゆるカテゴリーの分野のみなさんに参加頂いています。

私自身は身体を使う競技者経験はありません。
アーティストやコーチングプロなどのマネージング、プロデュースを生業にしています。

プロフェッショナルを支えるプロフェッショナルの彼らの独自のノウハウは、ジャンルの枠を超えて物事の本質に一歩近づく気づきを得られるものかもしれません
2011.7.1

● SHOP(通販)

カート小2
 
「ヒモトレ」を始め講習会で使用している「バランスボード」「みちのく山道」をメーカー直送でお届けします。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

リンク