『今さら誰にも訊けないボーカリストの為のワークショップ』 TOP

2012-02-14

Tag :

417ws.jpg『今さら誰にも訊けないボーカリストの為のワークショップ』
最終更新日 2018/4/10

・各WS情報
受講された方の感想
・WSで使用した譜面・資料を手に入れる方法
・FAQ 「上達の秘訣?」「譜面について

・講師ツィート集 (上手くなる近道)

2018年5月26日(土) IDK Live vol.2

会場 「新宿ミノトール2」
住所 東京都新宿区新宿5-11-4 龍生堂ビルB1
電話 03-3341-2655
アクセス 都営新宿線・東京メトロ丸の内線、副都心線
 『新宿三丁目』下車 C7番出口より徒歩1~2分

地図 http://www.mino-2.com/hp/map/map.htm


●5月4日 個人レッスンスペシャル

会場 ティアラこうとう 第4練習室 
時間 5月4日  15:20-19:00

今までこのWSに参加された方を対象にしています。
さらにご希望の楽曲に磨きを掛けましょう!

 

●WS今後の開催スケジュール

 会場 ティアラこうとう 第4練習室 
 基礎編 13:30-15:00 ¥5000
 実践編 15:15-16:45 ¥5000
 基礎編+実践編 ¥9000
 募集 6名
 上記には、講習費、会場費、機材使用料、譜面、楽曲資料
 各代金を含みます。(表示は税込です)


●4月29日(

実践編は Smile 』
まるで恋をしてるような気分と云うめっちゃハッピーチューンな
ナンバーを軽快にスイングして歌いましょう
 

Rod Stewart - Smile


お申し込みはこちらから⇒ 申込フォームへ


●5月5日(日)


実践編は Summertime 』
未だ夏まで間にあう!
暑いアメリカ南部のコットンフィールドを思い浮かべながら
ブルージーに歌える様練習してみましょう  

Sarah Vaughan - Summertime


お申し込みはこちらから⇒ 申込フォームへ


●5月13日(土)


実践編は『Moon River 』
原曲どうりのワルツで歌います。
3拍子ってどう歌ったら良いのかしら?
基本的な事を勉強しつつジョニーマーサーの精神性についても触れてみましょう

Moon River - Andy Williams


お申し込みはこちらから⇒ 申込フォームへ

●6月以降のWS開催予定

6月10日(日)、23日(土)

7月16日(月・祝)、28日(土)


●WSで受講された方々の声

受講された方々の声をお届けします。
こちらからどうぞ ⇒ 受講者の声


●WSで使用した譜面(全16曲)販売中です。

WSに参加したかったけど日程が合わず、残念ながら参加できなかった方に
今まで使った資料と譜面をお譲りしています。

今回お渡しする譜面、WSの際に使用した譜面と資料のセットの他
希望するキーへの移調譜面も作成も可能です。
お申し込みはこちら「譜面」コーナー



quize2.jpg
ちょっと再確認
全てYes、Noでお答え下さい。

Q1:音名Fの全音下はEである
Q2:歌い出しは常に表拍になる
Q3:
調号#が2つの場合キーは「D」のみでマイナーキーは無い
Q4:4ビートの曲は8ビートの曲よりゆっくりだ

 
answer.jpg は最下部です。


●FAQ
Q「上手くなりたい、どうすれば・・・」

最初にも書きましたけど色々な先生の答えを聞く機会に恵まれてる私からよく聞くアドバイスをお伝えします。
    
・焦らない「まぁ、ボチボチと・・・」
・他人の上達を意識せず自分のペースを作る
 「最初の内はどうしても他人のことが、気になりますが回を重ねる毎に段々気にならなくなり自分のペースで上達していきます。無理せず自分のペースを崩さない」
  
心構えの大切さは勿論言わずもがなです。
そして、実践的なアドバイスというのは、
言われてみれば当たり前なことなのですが、
   
「自分で練習する」です。
  
WSで新しいことを教わる ⇒ 個人で練習して会得 ⇒ 次のWSで活かす ⇒ その出来るようになったことに新しく学んだことを活かせるように自分で練習
  
この繰り返しです。
  
「稽古会やWSは今まで自分が習ったことを自分で稽古・練習し披露する場」 
習う場ではなく披露する場という意識も持つことがPointだ、そうです。
この自分で練習する、具体的には市場先生は先日こんな風に発言されてます。
   
『ジャズの有名なスタンダードを馬鹿にしないでください。
ラバカンもそうですがフライミーもオール・オブ・ミーも独自の世界観があります。
その世界にどう聴き手を引き込めるか?どれだけ豊かな表現ができるか?が歌い手の腕の見せ所です。
これだけ長く愛され歌い継がれてる曲はそう云う意味でとても難しい。
ただ歌うだけなら誰でもできるけど自分の歌にするには有名過ぎてホント難しい楽曲なんです
今まで習った曲。歌えなかったら歌詞をただ読むだけでも良いんです 
電車の中とかお昼休憩とか寝る前とかもいちど関わって上げてくださいね❤

Q:「どんな譜面を用意すれば・・」
市場先生の発言から答えを引用します。
  
※イチバちゃんから譜面移調についてのお願い※

譜面レイアウトは私がいつも渡してるものを参考にして書いて下さ
  
みなさんが歌うスタンダードは殆どが8段か10段で収まります なので一括弧二括弧は使わないで下さい D.Sもです

ポップスなどでどうしても長くなってしまって処理に困る場合相談して下さい 基本一段4小節を守って下さい (ポップス.Latinなど例外あり)

鉛筆は2B以上を使い濃く書いて下さい 玉(音符)よりcodeを見易く大きく書いて下さい

出来ることならセッションに持っていく前に譜面確認させて下さい
(ほぼ間違ってると思われるので)   
作成した後は楽器で確認しましょう

--------------------
最後に毎月東京でWSを行っていて「ヒモトレ」でブレイク中の
元オリンピック強化コーチでボディバランストレーナー小関勲さんからのメッセージ

「何よりも楽しいことが上達の秘訣である。
しかし、楽しさは共有
できるかもしれないが、強制はできない」
 
更に楽しいWS創ります。
それでは、またWSでお会いできるのを楽しみにしております(by kマネ)


answer.jpg

答えは全て


batu1.jpg です。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

TC.Academy.2018

Author:TC.Academy.2018
-------------------------
必然といえる偶然から出会った、
トップアスリートを支える
プロフェッショナルな人達と
関わりを持つようになって
10年以上になります。

自らが彼らにアドバイスを受け、
自身の心身に大きな変化を生じ、現在に至るまで日々進展中。
アドバイスを受ける毎に驚きがあります。

私のもらった感動やノウハウを
今度は多くの方々と共有したいという思いにかられ、直接プロフェッショナルの彼らから指導を受けられる講習会などを企画運営しています。

最初は知人から伝えはじめ、
今ではアスリート、アーティスト、学生、主婦あらゆるカテゴリーの分野のみなさんに参加頂いています。

私自身は身体を使う競技者経験はありません。
アーティストやコーチングプロなどのマネージング、プロデュースを生業にしています。

プロフェッショナルを支えるプロフェッショナルの彼らの独自のノウハウは、ジャンルの枠を超えて物事の本質に一歩近づく気づきを得られるものかもしれません
2011.7.1

● SHOP(通販)

カート小2
 
「ヒモトレ」を始め講習会で使用している「バランスボード」「みちのく山道」をメーカー直送でお届けします。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

リンク